富士火災海上保険への加入方法


富士火災海上保険口コミ


We propose the optimal home for you.
メインイメージ

富士火災海上保険への加入方法

ネットで見積もりを請求する方法

富士火災海上保険へ加入したい場合には、いくつかの加入方法があります。まず、ネットの一括見積請求サイトなどを利用して見積もりを取り寄せ、補償内容や特約について情報収集した上で加入するという方法があります。見積もりを取り寄せると、代理店から電話がかかって来て加入を勧められることがありますが、考え中の際には代理店の連絡先のみを教えてもらい、気持ちがかたまってからこちらから連絡することももちろんOKです。

代理店へ連絡する方法

保険内容はまだ具体的に理解していないけれど、信頼できる富士火災海上保険の火災保険に加入したいという場合には、代理店に連絡して営業担当者に来てもらうという方法がおすすめです。営業担当者は手ぶらで足を運ぶわけではなく、あらかじめ電話でどんな保険を考えているのか、どんな特約をつけることを考えているのかなどをヒアリングした上で、いくつかの保険プランを持参してくれます。その中から選べれば良いのですが、もっとカスタマイズすることもできますし、営業担当者はそうした作業には精通しているので、何回も相談しながら納得できる火災保険商品を作ってから加入しましょう。

保険金の決め方

建物の価値は富士火災海上保険の経験豊かな鑑定士が建物の価値を把握して必要な保険料を算出します。しかし家財道具をどこまで補償するかは保険会社が決めるわけではなく、加入者自身が決めることになります。実際に一つ一つの家財の価値を判定しながら算出することもできますが、面倒な場合やイマイチ分からない場合などには、加入者の年齢や家族構成などから標準的な評価額をチャートから算出し、それを保険金として設定することもできます。骨董品やアンティークの取り扱いについては、保険商品によっては火災保険では補償されない場合もありますから、代理店もしくは営業担当者によく相談しながら決めるようにしてください。場合によっては骨董品のための保険に加入しなければいけない場合もあります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 富士火災海上保険口コミ All Rights Reserved.