火災保険は住宅ローンが残っていても必要?


富士火災海上保険口コミ


We propose the optimal home for you.
メインイメージ

火災保険は住宅ローンが残っていても必要?

ローンの有無に関係なく必要な保険

火災保険は、住宅ローンが残っていても完済していても、ローン状況に関係なく必要な保険です。住宅ローンが残っている場合には、実質的には建物の所有者はローンを組んでいる金融機関ということになるわけですが、多くの場合、ローンで住宅を購入する際には火災保険への加入が義務付けられているため、加入するしないの選択肢が与えられるわけではありません。ローンが残っていても火災保険を見直したい場合には、金融機関に相談すれば見直すことも可能ですが、その際には住宅購入の際に10年一括契約で保険に加入していないかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。一括加入だと保険料がディスカウントされていることが多く、それを解約しても月払いで保険料が返還されるというわけではありません。場合によっては、すでに加入している火災保険が有効期限になるまで待ってから見直したほうが良いケースもあるようです。

富士火災海上保険の魅力

火災保険は、住んでいる建物を手厚く補償すると同時に、建物の内側の家財も万が一の時にカバーすることができる保険です。富士火災海上保険では、建物は立て替える際に必要な費用をきちんとカバーできる保険金設定になっていますし、家財道具も買い替える際に必要な費用を補償しているのでとても人気があります。保険会社の中には時価での補償額となるケースが多く、古い家具はもちろん買って数年しかたっていない家具でも補償額が低すぎて買い替えられないということが多いものです。しかし富士火災海上保険なら、受けた損失からリカバリーして元の生活に戻るためのサポートが充実しているので安心です。

ローンを完済したら代理店に連絡

住宅ローンを完済したら、富士火災海上保険の代理店に連絡して保険証券の返却や金融機関の質券抹消などの手続きを行います。手続き自体は難しくありませんし、費用がかかるわけではないので、ローンが完済したら保険会社に連絡してしかるべき手続きを行うようにしてください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 富士火災海上保険口コミ All Rights Reserved.