賃貸物件でも富士火災海上保険が手厚くカバー


富士火災海上保険口コミ


We propose the optimal home for you.
メインイメージ

賃貸物件でも富士火災海上保険が手厚くカバー

賃貸でも火災保険は必要

火災保険というと、メインに補償するのは建物ですが、建物の内側の家財も特約として補償することができたり、富士火災海上保険のように元々の保険内容に家財も補償できたりする場合もあり、建物に加えて家財も万が一の時には手厚くカバーできるようになっています。しかし、賃貸住宅で生活している人にとっては、建物は自分の所有物ではないので、万が一の時には引っ越せばよいだけですし、自分が起こした損失でなければ修理する責任もありません。しかし、建物の内側の家財は大切な資産になるわけですから、そこは手厚く補償してもらいでしょう。富士火災海上保険の火災保険では、賃貸マンションや賃貸アパートで生活している人にピッタリの火災保険「ライフパートナーα」がラインナップされています。

賃貸ならではのニーズ

賃貸物件で生活している人は、賃貸ならではの悩みや心配があるものです。万が一の火災などで家財を失ってしまった場合の補償、空き巣などの盗難被害による補償、うっかり出火してしまい建物に損失を与えてしまった場合の補償など、賃貸ならではの心配を手厚くカバーしてくれるのが、富士火災海上保険のライフパートナーαとなっています。富士火災海上保険では、家財の損害なら買い替える際にかかった実費(再調達価額)での保険金支払いとなっているので、古くなった家具などでもしっかり買い替え費用を受け取ることができます。

示談交渉もサポートしてくれる

富士火災海上保険の火災保険では、万が一大家さんや貸主と示談交渉しなければいけない場合には、示談交渉も手厚くサポートしてもらうことができます。法律に詳しくない借主は、どうしても立場が弱くなってしまいますし、不当に高額な損害賠償請求を受けても分からないまま支払うことになってしまうことも考えられます。しかし富士火災海上保険なら、示談交渉も専門家がサポートしてくれるので安心して暮らすことができます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 富士火災海上保険口コミ All Rights Reserved.