富士火災海上保険は地震をカバーするのか?


富士火災海上保険口コミ


We propose the optimal home for you.
メインイメージ

富士火災海上保険は地震をカバーするのか?

地震保険は別

富士火災海上保険に限らず、一般の火災保険には地震保険は含まれていません。そのため、地震が原因で起こった損害に対しては、どれほど優秀な火災保険でも対象外となってしまいます。東日本大震災が起こった時には、東北各地で水災による被害が起こりましたが、すべては地震が原因で起こった被害ということで火災保険に加入していても補償対象外になった人はとても多かったものです。日本全国いつどこで大地震が発生してもおかしくないと言われている昨今ですから、富士火災海上保険に加入する場合にも地震保険は必要保険として別枠で加入することをおすすめします。

地震保険とは?

一般の火災保険とは別商品になっている地震保険は、地震が原因で発生した火災や流失、埋没や水没、損壊などのダメージを補償することができる保険商品です。地震による被害は、地震が起きてからすぐに起こることが多いため、地震と直接関係がある事故かどうかを見極めるために、地震保険が適用となるのは地震が起こった翌日から10日以内の損失と定められています。これ以降の損失は、補償対象外となってしまうので注意してください。

一部破損でも利用できる

東日本大震災では、水没や火災、流失などによって家屋が全損したエリアもあれば、半損したエリアもあり、中で生活することはできるけれど一部がダメージを受けたという一部損の場所もありました。地震保険では、こうした部分的な損失でも保険を利用することはできるので安心です。保険金の支払いは、加入している保険金額に応じて異なりますが、富士火災海上保険の場合には全損なら保険金100%、半損なら50%、一部損なら5%が保険金として補償されることになっています。

火災保険とセットが基本

富士火災海上保険では、地震保険単体で加入はできません。地震保険に入りたい場合には火災保険とセットになっているため、火災保険にも加入することになります。現在別の火災保険に加入している場合には、そちらも見直したうえで保険の乗り換えがおすすめです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 富士火災海上保険口コミ All Rights Reserved.